文化遺産オンライン

藤房本三十六歌仙絵(模本)

ふじふさぼんさんじゅうろっかせんえ もほん

作品概要

藤房本三十六歌仙絵(模本)

ふじふさぼんさんじゅうろっかせんえ もほん

絵画 / 江戸

江戸時代・19世紀

紙本着色

1巻

書を万里小路宣房(までのこうじのぶふさ)の子、藤房(1291~1375)筆と伝える伝本の模本で、「後醍醐帝本」とも呼ばれる。彩色は控えめで、彫り塗りを用い、画面上部に墨界線を引く作例も見られる。宣房本と近く、万里小路家の周辺でこうした歌仙絵が制作されていた可能性も考えられる。

藤房本三十六歌仙絵(模本)をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

六歌仙 / / 歌仙 / Portraits

関連作品

チェックした関連作品の検索