後鳥羽院本三十六歌仙絵 小大君(模本) ごとばいんぼんさんじゅうろっかせんえ こだいのきみ もほん

絵画 / 江戸 

冷泉為恭模
江戸時代・安政2年(1855)
紙本墨画
15.8×13.6
1幅

現在、三重・専修寺(せんじゅじ)所蔵の「小大君」の模本。画中の墨書に拠り、安政2年 (1855)、復古やまと絵師・冷泉為恭が写したことが分かる。原本を凌駕するかのような繊細で流れるような為恭の線描が見どころ。模本という枠を超え、鑑賞画としての高い完成度をほこる。

作品所在地の地図

関連リンク

後鳥羽院本三十六歌仙絵 小大君(模本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

後鳥羽院本三十六歌仙絵 藤原元真(模本)
為家本三十六歌仙絵 小大君(模本)
伝桜町成範(藤原光能)像(模本)
後鳥羽院本三十六歌仙絵 藤原元真
東遊図
東遊図

冷泉為恭筆

ページトップへ