Portrait Traditionally Identified as Sakuramachi Shigenori (Fujiwara no Mitsuyoshi) (Copy)

Details

Portrait Traditionally Identified as Sakuramachi Shigenori (Fujiwara no Mitsuyoshi) (Copy)

Paintings / Edo

Copied by Reizei Tamechika (1823-64)

Edo period, 19th century

Color on silk

1幅

幕末の復古やまと絵師冷泉為恭によって写された肖像画。国宝・伝藤原光能*ふじわらのみつよし*像を写したものだが、軸の題箋や箱書に拠れば、19世紀には桜町成範(1135~1187)という別の人物とされていたようだ。成範は藤原通憲*ふじわらのみちのり*(信西*しんぜい*)の子で、高倉天皇との悲恋で知られる小督*こごう*の父。

Related Works

Search items related to work chosen