伝桜町成範(藤原光能)像(模本) でんさきらまちしげのり ふじわらのみつよし ぞう

絵画 / 江戸 

冷泉為恭模
江戸時代・19世紀
絹本着色
1幅

幕末の復古やまと絵師冷泉為恭によって写された肖像画。国宝・伝藤原光能*ふじわらのみつよし*像を写したものだが、軸の題箋や箱書に拠れば、19世紀には桜町成範(1135~1187)という別の人物とされていたようだ。成範は藤原通憲*ふじわらのみちのり*(信西*しんぜい*)の子で、高倉天皇との悲恋で知られる小督*こごう*の父。

作品所在地の地図

関連リンク

伝桜町成範(藤原光能)像(模本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

後鳥羽院本三十六歌仙絵 小大君(模本)
聖護院・新羅明神像(模本)
東遊図
東遊図

冷泉為恭筆

後嵯峨帝聖運開之図
後嵯峨帝聖運開之図

冷泉為恭筆

絹本著色伝足利義政像
ページトップへ