後嵯峨帝聖運開之図 ごさがていしょううんひらくのず

絵画 / 江戸 

冷泉為恭筆
江戸時代・19世紀
絹本着色
106.8×57.2
1幅

作品に付属している書付には「後嵯峨天皇(1220~72)が若かりし頃、百姓から献じられた米を洗ったところ亀が現れて寿ぎ、その後、運が開けて天皇になった」とありますが出典は不明です。為恭は古画学習に熱心で、本図にも「春日権現験記絵巻」の影響が指摘されています。

後嵯峨天皇:ごさがてんのう 春日権現験記絵巻:かすがごんげんげんきえまき ※冷泉為恭の札つける

作品所在地の地図

関連リンク

後嵯峨帝聖運開之図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

春日権現験記絵巻(模本)
春日権現験記絵巻(模本)

冷泉為恭、岩瀬広隆(ほか)模

石山寺縁起絵巻稿本
東遊図
東遊図

冷泉為恭筆

聖護院・新羅明神像(模本)
山王霊験記絵巻断簡
山王霊験記絵巻断簡

伝六角寂済筆

ページトップへ