文化遺産オンライン

厳島経巻(模本)

いつくしまきょうかん

作品概要

厳島経巻(模本)

いつくしまきょうかん

絵画 / 大正

前田氏実模

大正時代・20世紀,原本:平安時代・長寛2年(1164)

紙本着色

1巻

厳島経巻模本」(A-6917)をさらに博物館で模写したもの。前田氏実は明治25年(1892)に山名貫義の門に入り、明治36年に貫義の弟の前田貫業(1838~?)の養嗣子に。山名も貫業も博物館で模写をしており、氏実による「春日権現験記絵巻模本」などの模写も博物館に残されている。
(まえだつらなり)

厳島経巻(模本)をもっと見る

前田氏実模をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模本 / 原本 / / 模写

関連作品

チェックした関連作品の検索