西金/白居易像

絵画 / 江戸 

貫雄模
江戸時代・慶応2年(1866)模
紙本着色
1幅

白居易(白楽天、772~846)は中国の詩人で、日本でも古くから『白氏文集』が親しまれている。模写した板橋貫雄は住吉広貫に絵を学び、同門には山名貫義、遠藤貫周などがいた。彼等は幕末に蜷川式胤と古美術模写を行っていたようで、本作は蜷川が当館に寄贈。
ルビ:はくらくてん、はくしもんじゅう、すみよしひろつら、やまなつらよし、えんどうつらちか、にながわのりたね

作品所在地の地図

関連リンク

西金/白居易像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

宮女図(模本)
宮女図(模本)

遠藤貫周模

織田信長像(模本)
織田信長像(模本)

蜷川親胤(式胤)模写

白氏詩巻断簡(絹地切)
厳島経巻(模本)
厳島経巻(模本)

前田氏実模

東寺・嵯峨天皇御影(模本)
ページトップへ