文化遺産オンライン

興福寺・野見宿祢参内図(模本)

こうふくじ のみのすくねさんだいず

概要

興福寺・野見宿祢参内図(模本)

こうふくじ のみのすくねさんだいず

絵画 / 明治

蜷川式胤模

明治6年(1873)写

紙本着色

1幅

野見宿祢は、『続日本紀』などによると天穂日命の十四世孫という。人や馬などいろいろな形の埴輪を初めてつくらせて天皇に献上したという埴輪起源伝説もある。蜷川式胤は古い時代の服装を研究する目的から、この図を模写したのであろう。

興福寺・野見宿祢参内図(模本)をもっと見る

蜷川式胤模をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

蜷川 / / Ninagawa / Copy

関連作品

チェックした関連作品の検索