藤原惺窩像(模本) ふじわらせいかぞう

絵画 / 江戸 

蜷川親胤(式胤)模 
江戸時代・元治元年(1864)写
紙本着色
1幅

藤原惺窩(1561~1619)は、藤原定家(1162~1241)の十一世孫で、安土桃山から江戸時代前期の朱子学者。徳川家康に儒者として仕えた林羅山(1583~1657)の師。林羅山の建議により京都に建設される学校の長官にすすめられたが受けず、市井の学者で終わった。

作品所在地の地図

関連リンク

藤原惺窩像(模本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

藤原惺窩像
藤原惺窩像

渡辺崋山模

藤原鎌足像(模本)
藤原鎌足像(模本)

蜷川親胤(式胤)模

織田信長像(模本)
織田信長像(模本)

蜷川親胤(式胤)模写

興福寺・野見宿祢参内図(模本)
蜷川親当像(模本)
蜷川親当像(模本)

高島千載模

ページトップへ