藤原鎌足像(模本) ふじわらのかまたりぞう

絵画 / 明治 

蜷川親胤(式胤)模
明治元年(1868)写
紙本着色
1幅

藤原鎌足(614~669)は、中大兄皇子(天智天皇626~671)の側近として大化改新を進めた人物。生前は中臣鎌足を名乗っていたが、臨終する際に天智天皇より大織冠と藤原姓を賜与された。藤原氏はそこから始まり、鎌足の子の不比等(659~720)に受け継がれた。

作品所在地の地図

関連リンク

藤原鎌足像(模本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

藤原惺窩像(模本)
藤原惺窩像(模本)

蜷川親胤(式胤)模 

物部守屋像(模本)
物部守屋像(模本)

蜷川親胤(式胤)模

蜷川親当像(模本)
蜷川親当像(模本)

高島千載模

織田信長像(模本)
織田信長像(模本)

蜷川親胤(式胤)模写

東寺・嵯峨天皇御影(模本)
ページトップへ