文化遺産オンライン

織田信長像(模本)

おだのぶながぞう

作品概要

織田信長像(模本)

おだのぶながぞう

絵画

蜷川親胤(式胤)模

江戸時代・慶応2年(1866)、原本:安土桃山時代・16世紀

紙本着色

本紙130.5×65.2

1幅

上部に垂れる御簾の文様や衣服の文様が細かく模写されている。本作を模写したのは、サインの「親胤(ルビ:ちかたね)」から蜷川式胤(ルビ:にながわのりたね)であることがわかる。式胤は、幕末から各地の有名な肖像画の模写を制作していた。左下に「宮道式胤」の印も見える。(130213_h22)(180718_h056数文字追加)

織田信長像(模本)をもっと見る

蜷川親胤(式胤)模をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

蜷川 / / 模本 / Copy

関連作品

チェックした関連作品の検索