文化遺産オンライン

応永舞楽図巻(模本)

おうえいぶがくずかん

作品概要

応永舞楽図巻(模本)

おうえいぶがくずかん

絵画 / 江戸

狩野養信模

江戸時代・文政3年(1820)

紙本着色

1巻

還城楽をはじめとする地久、散手、崑崙八仙など七種の舞楽が描かれている。応永15年(1408)に写されたものを、文政三年(1820)に狩野晴川院養信がさらに写したのが本図で、中世の舞楽で用いられていた装束や面を知る上でも貴重な資料である。
還城楽:げんじょうらく、地久:ちきゅう、散手:さんじゅ、崑崙八仙:ころばせ

応永舞楽図巻(模本)をもっと見る

狩野養信模をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

舞楽 / / 狩野 / 養る

関連作品

チェックした関連作品の検索