鶴岡の商業看板コレクション つるおかのしょうぎょうかんばんこれくしょn

その他の画像全6枚中6枚表示

その他 / 江戸 / 日本 

山形県鶴岡市
江戸
27点
山形県鶴岡市
指定:1973(昭和48).5.1
致道博物館
鶴岡市有形文化財

 城下町鶴岡は、城を中心として、武家屋敷や商工業の町が整備されていました。商いや細工仕事を営んだ店舗の看板のなかには、商品を形にしたものもあり、藩御用を許されて、庄内酒井家の「かたばみ」の紋をつけ、御用の文字を書した金看板もおおく残っています。職人の町には、曲師(まげし)町、大工町、銀町、鍛冶町などあり、多くの職人が軒を並べて諸細工にあたっていました。くらしの必需品のおおくは、こうした手仕事によってつくられました。現在おおくは姿を消してしまいましたが伝統工芸品、民芸品としてその技術をいまに伝えているものもみうけられます。

作品所在地の地図

関連リンク

鶴岡の商業看板コレクションチェックした作品をもとに関連する作品を探す

酒井氏庭園
荻生徂徠答問書
荻生徂徠答問書

荻生徂徠

致道館祭器 附絹本著色聖賢画像1幅
大宝寺焼コレクション
風間家旧宅(丙申堂)表門
ページトップへ