大宝寺焼コレクション だいほうじやき これくしょん

その他の画像全4枚中4枚表示

陶磁 / 江戸 / 日本 

山形県鶴岡市
江戸~明治
234点
山形県鶴岡市
指定:1971(昭和46).12.15
致道博物館
重要有形民俗文化財

大宝寺焼は、江戸時代末ごろから明治にかけて鶴岡でつくられた陶器です。1825(文政8)年の焼き物に関する文書が窯元だった家に残っており、このころに創始されたものと思われます。窯場は、鶴岡の大宝寺町と新町の2ヶ所にあり、新町焼とも呼ばれています。近郊からとった粘土を使い、厚手で重いつくりのものが多く、釉薬も灰釉の単調なものです。徳利、甕類、湯通し、ゆたんぽ等日常雑器がおおく、寒地独特の器種もありましたが、日本海の舟運によって、中央のよりすぐれた陶磁器が大量に移入されていたため、次第に需要がすくなくなり、明治20年代に廃窯しています。指定内容は、徳利101点湯通し50点その他83点。

作品所在地の地図

関連リンク

大宝寺焼コレクションチェックした作品をもとに関連する作品を探す

大宝寺焼コレクション
酒井氏庭園
庄内の仕事着コレクション
庄内の木製酒器コレクション
悪戸焼
ページトップへ