織部松皮菱形手鉢 おりべまつかわびしがたてばち

工芸 / 安土・桃山 / 近畿 

京都府
桃山
本品は慶長後半から元和にかけて織部焼最盛期の中心的な窯であった久尻元屋敷の連房式登窯で焼造されたと推測される松皮菱形の手鉢である。器部は白土と赤土とを継ぎ合せ、松皮菱形…
高17.9  長径27.0  短径25.0  (㎝)
1口
公益財団法人北村文華財団 京都府京都市上京区御車道通清和院口上ル東入梶井町448-4
重文指定年月日:19860606
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人北村文華財団
国宝・重要文化財(美術品)

 織部焼は桃山時代後期から江戸時代初期にかけて美濃で量産された陶器で、器形に制約のない、斬新自由な時代性を示す意匠を展開し、なかでも食器類においてその特色を遺憾なく発揮した。
 素地に白土と赤土を用い、緑釉と白泥・鉄絵で加飾した装飾性の強い織部の一手で、松皮菱形の器形とそこに施された放胆な文様、緑釉の自在な施釉とがよく調和し、桃山時代の斬新自由な意匠を伝えている。

作品所在地の地図

関連リンク

織部松皮菱形手鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鳴海織部向付
織部魚鱗文俎板角鉢
織部魚鱗文俎板角鉢

北大路魯山人

織部角鉢
織部角鉢

美濃

鳴海織部向付
鳴海織部向付
ページトップへ