志野織部柳瓜文徳利 しのおりべやなぎうりもんとっくり

陶磁 / 安土・桃山 / 日本 

安土桃山時代(17世紀)
静岡県三島市
財団法人 佐野美術館

 志野織部は、登窯で作られた長石釉に鉄絵の焼物のことをいう。釉薬は薄目で、絵の筆致は自由闊達である。風に揺れる柳の枝を、胴部に巻きつくように配した、美濃の徳利の優品である。

作品所在地の地図

関連リンク

志野織部柳瓜文徳利チェックした作品をもとに関連する作品を探す

志野山水文矢筈口水指
志野草文四方筒向付
黒織部茶碗(冬枯)
織部松皮菱形手鉢
志野松図平鉢
ページトップへ