志野松図平鉢 しのまつずひらばち

陶磁 / 安土・桃山  江戸 

美濃
安土桃山~江戸時代・16~17世紀
1口

志野は白いということと、絵を描くことができるということで画期的な焼物であった。この鉢も志野の魅力を生かして、見込みいっぱいに松の絵を描く。志野の長石釉が完全な透明釉でないことで、この松の図も水墨画を思わせる風韻のある表現となっている。

作品所在地の地図

関連リンク

志野松図平鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

志野山水文鉢
紅志野山水図平鉢
志野萩図平鉢
志野茶碗 銘 振袖
志野酒呑
志野酒呑

美濃

ページトップへ