志野酒呑 しのぐいのみ

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 / 安土・桃山  江戸 

美濃
安土桃山~江戸時代・16~17世紀
陶質
高5.5 口径6.2 底径4.8
1口

白い素地に鉄絵具で文様を表わし、長石釉を掛けて焼き上げた志野のうつわ。16世紀後葉に日本で初めて本格的につくられた下絵付けのやきもので、茶陶や懐石道具を中心に美濃を代表する製品となった。本作品は小品ながら温かみのある志野の魅力がつまった一品。

作品所在地の地図

関連リンク

志野酒呑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

志野茶碗 銘 振袖
鼠志野秋草図額皿
志野萩図平鉢
紅志野山水図平鉢
志野草花文四方酒呑
ページトップへ