鼠志野秋草図額皿 ねずみしのあきくさずがくさら

陶磁 / 安土・桃山  江戸 

美濃
安土桃山~江戸時代・16~17世紀
高4.5 長径22.5 短径19.0
1口

 16世紀末に志野を作り出した美濃窯は、逆想により鼠志野を作り出した。酸化鉄の泥漿を流し、文様を掻き落とした後に長石釉をかけると鼠地に白い文様が浮び上がる。この皿は鼠志野が得意とした額皿であるが、鼠地の中に秋草を白く浮び上がらせた秀作。
ルビ:でいしょう

作品所在地の地図

関連リンク

鼠志野秋草図額皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鼠志野秋草図額皿
鼠志野鶺鴒文鉢
鼠志野草文額皿
鼠志野草花文鉢
志野茶碗 銘 振袖
ページトップへ