文化遺産オンライン

鼠志野草文額皿

ねずみしのくさもんがくさら

作品概要

鼠志野草文額皿

ねずみしのくさもんがくさら

陶磁 / 安土・桃山 / 日本

日本

桃山時代/16世紀末~17世紀初

高4.6 縦19.5 横22.8

1枚

文化庁分室 東京都台東区上野公園13-9

国 (文化庁)

体部四隅を内側に突出させ、口縁を小さく切り込んだ額皿の形状をなす。長石釉もよく熔けて鮮やかな鼠色に発色し、鼠志野の典型的な作行を示している。

鼠志野草文額皿をもっと見る

国(文化庁 美術工芸品)をもっと見る

キーワード

志野 / / ねずみ / 長石

関連作品

チェックした関連作品の検索