鼠志野秋草図額皿 ねずみしのあきくさずがくざら

陶磁 / 安土・桃山  江戸 

美濃
安土桃山~江戸時代・16~17世紀
高4.3 長径22.5 短径19.5
1枚

鼠志野とは、泥漿と呼ばれる鉄分を含んだ絵具を素地に掛け、文様を掻き落としてから長石釉を掛けたやきもの。灰色の地に白く文様が浮かびあがり、独特の風情で見る者を楽しませる。また、陶磁器に珍しい四角い形に、桃山の時流に乗った美濃の陶工の創意がみえる。

作品所在地の地図

関連リンク

鼠志野秋草図額皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鼠志野秋草図額皿
志野酒呑
志野酒呑

美濃

鼠志野鶺鴒文鉢
鼠志野草花文鉢
紅志野山水図平鉢
ページトップへ