Bowl in Shape of Gong Pine tree in underglaze brown

Details

Bowl in Shape of Gong Pine tree in underglaze brown

ceramics / Edo

Mino ware, Shino type

Edo period, 17th century

高6.9 口径26.8 底径19.4

1口

 銅羅鉢とはもともと黄瀬戸の食器の形として始まったもの。形が銅鑼に似ているところからついた名称で、焼物では古くから「銅羅鉢」という字を用いている。見込に松樹を大きく描くが、松の根幹までもしっかりと描き込むのは桃山様式の特徴のひとつ。

Related Works

Search items related to work chosen