文化遺産オンライン

織部角鉢

おりべかくばち

作品概要

織部角鉢

おりべかくばち

陶磁 / 江戸

美濃

江戸時代・17世紀

陶製

高5.7 径21.5*20.5

1口

美濃+みの+独特の白土と、鉄分を含んだ赤土を組み合わせ、白土には緑釉を、赤土には長石釉を掛け、赤土の上には白泥で文様を描き、これを鉄釉で縁取っています。こうしたタイプを「鳴海+なるみ+織部」といい、織部の中で最も抽象的な意匠が表わされます。この鉢はまさにその代表的な作例です。

織部角鉢をもっと見る

美濃をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

織部 / 白土 / 赤土 /

関連作品

チェックした関連作品の検索