文化遺産オンライン

山東京伝の見世

さんとうきょうでん みせ

作品概要

山東京伝の見世

さんとうきょうでん みせ

絵画 / 江戸

歌川豊国筆

江戸時代・18世紀

横大判 錦絵

24.5×36.5cm

1枚

戯作者であり浮世絵師であった山東京伝(さんとうきょうでん)が、京橋銀座一丁目に開いた煙草入れ屋の店先を描いたもの。店の奥にいる京伝は、吉原の名高い遊女花扇(はなおうぎ)と話している。三代目瀬川菊之丞(せがわきくのじょう)、三代目沢村宗十郎(さわむらそうじゅうろう)、三代目市川八百蔵)いちかわやおぞう)など当代の人気者が訪れたとして描かれている。

山東京伝の見世をもっと見る

歌川豊国筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

代目 / さんだい / 錦絵 / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索