文化遺産オンライン

須恵器 有蓋脚付長頸壺

すえき ゆうがいきゃくつきちょうけいこ

作品概要

須恵器 有蓋脚付長頸壺

すえき ゆうがいきゃくつきちょうけいこ

考古資料 / 古墳

出土地:岡山県美咲町錦織字高塚出土出土

古墳時代・6世紀

陶製

高28.5 胴径15.0

1個

須恵器は5世紀に朝鮮半島から伝来した日本陶磁の起源となった焼き物である。6世紀には横穴式石室の普及に伴い、副葬品として多種多様な器形が窖窯焼成で生産された。有蓋の壺は日本列島にはなかった器形で、古墳の葬送儀礼に朝鮮半島の風習が採り入れられたことを窺わせる。(128字)

須恵器 有蓋脚付長頸壺をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

須恵 / / 古墳 / 出土

関連作品

チェックした関連作品の検索