厳島御幸記並高倉院昇霞記(金沢文庫本) いつくしまごこうきならびにたかくらいんしょうかき(かなざわぶんこぼん)

その他の画像全75枚中16枚表示

 / 鎌倉 

鎌倉時代・14世紀
紙本墨書
1帖
重要文化財

『厳島御幸記』は、治承4年(1180)、譲位直後の高倉天皇(1161~81)が、厳島神社(広島・宮島)に行幸した際の紀行文です。源通親(1149~1202)作。治承5年(1181)の高倉院の崩御を記す『高倉院昇霞記』と合冊されています。金沢文庫旧蔵本です。じょうい、たかくらてんのう、いつくしまじんじゃ、きこうぶん、みなもとのみちちか、ほうぎょ

作品所在地の地図

関連リンク

厳島御幸記並高倉院昇霞記(金沢文庫本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

厳島御幸記並高倉院昇霞記〈/(金沢文庫本)〉
七大寺日記
七大寺日記

逸昌書写

厳島神社 摂社客神社祓殿
厳島神社 本社祓殿
厳島神社 廻廊 (東廻廊)
ページトップへ