ナマコドーリの苞 なまこどーりのつと

民俗  有形民俗文化財 / 日本  東北  宮城県 

53×15×0
1点
前所蔵者住所:気仙沼市

長さ53cm 宮城県気仙沼市。 小正月の行事として広く見られるナマコドーリにつかわれた藁製の苞です。ナマコドーリは子どもたちが唱えごとをしながら、なまこを入れアワビの貝殻をつけた藁苞<ワラヅト>を地面にたたきつけます。このとき「ナマコドーリのお通り、銭と金もうかった、商売繁盛するように、蔵の七つも立つように、もひとつおまけにどっこいしょ」と唱えます。ナマコは畑を荒らすモグラが嫌い、畑から逃げ出すという言い伝えから、豊作祈願としてこの行事が行われています。

作品所在地の地図

関連リンク

ナマコドーリの苞チェックした作品をもとに関連する作品を探す

七夕馬
かて切り
カマ神
カマ神
本吉郡北方気仙沼本郷分間絵図
ページトップへ