文化遺産オンライン

衣裳人形 婦人立姿

作品概要

衣裳人形 婦人立姿

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1躯

江戸時代の人々の様子を生き生きと伝える衣裳人形。浮世人形ともよばれ、歌舞伎役者や遊女、若衆など市井(しせい)の人々が題材として選ばれました。なかには両腕を動かすことができるものもあり、思い思いの仕草で楽しむことができます。

衣裳人形 婦人立姿をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

衣裳人形 / Costumed / 人形 / Doll

関連作品

チェックした関連作品の検索