文化遺産オンライン

国見町神代小路(武家町 長崎)

くにみちょう こうじろくうじ(ぶけまち ながさき)

作品概要

国見町神代小路(武家町 長崎)

くにみちょう こうじろくうじ(ぶけまち ながさき)

武家町 / 安土・桃山 / 長崎県

神代小路は、天正15年(1584)の九州国割を経て、慶長13年(1608)鍋島信房が初代領主となったことに始まる。城址の森と堀を兼ねた川に囲まれた武家地ならではの閉鎖的空間を有する。江戸中期の地割りをよく残し、武家屋敷建築の主屋や長屋門が、屋敷囲いを構成する生垣や石垣、水路などの環境要素と相まって美しい町並景観を醸し出している。

関連作品

チェックした関連作品の検索