薩摩川内市入来麓 さつませんだいしいりきふもと

武家町 / 九州 

鹿児島県
19.2
鹿児島県薩摩川内市
選定年月日:20031225
重要伝統的建造物群保存地区

鹿児島の113外城の一つで,中世山城である清色城と樋脇川との間に広がる武家屋敷地である。自然の地形を活かした中世の町を一部残しつつ,近世に形成された街路を残す。屋敷割は,街路に面して玉石垣と石垣上の植えられた生垣によって区画されており,周囲の山々と一体を成した美しい緑地景観を生み出している。

作品所在地の地図

関連リンク

薩摩川内市入来麓チェックした作品をもとに関連する作品を探す

薩摩川内市入来麓(武家町 鹿児島)
南さつま市加世田麓
清色城跡
出水市出水麓
旧増田家住宅 なかえ
ページトップへ