脇指 銘 南都住金房兵衛尉政次 わきざし めい なんぶにすまうかなぼうひょうえじょうまさつぐ

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 安土・桃山 

金房政次
安土桃山時代・天正18年(1590)
鉄製
刃長43.1 反1.0
1口
銘文:銘 南都住金房兵衛尉政次 天正十八年八月吉日

金房派【かなぼうは】は室町時代の大和国で栄えた一派で、その作風は末備前や関などの同時代の刀工に類似し、正長や政次など「正」や「政」を冠した名の刀工が多いです。同派には直刃【すぐは】を主調にした作品が一般的ですが、これは全面に飛焼【ひたつら】のある皆焼の刃文【はもん】で珍しく、かつ出来が優れています。
   

作品所在地の地図

関連リンク

脇指 銘 南都住金房兵衛尉政次チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀
太刀

金房政長

脇指
脇指

長船宗光

刀 銘 九州肥後同田貫上野介
短刀
短刀

長船長義

太刀<BR/>剣<BR/>銘 勢州桑名藤原朝臣村正作 天文二十二年九月
ページトップへ