文化遺産オンライン

盤龍鏡

ばんりゅうきょう

作品概要

盤龍鏡

ばんりゅうきょう

考古資料 / 古墳 / 京都府

出土地:京都府長岡京市 長法寺南原古墳出土

古墳時代・4世紀〔中国製・2~3世紀〕

青銅製

直径11.7、縁厚1.3、厚2.0

1面

鈕の周囲に半肉彫+はんにくぼ+りの龍を絡+から+ませ「青蓋作」で始まる32字の銘文があります。長法寺南原古墳は乙訓地域を一望する丘陵上に営まれた前方後方墳で、後方部と前方部にそれぞれ主体部が営まれます。昭和9年の発掘で出土した豊かな副葬品から、前期後半の築造と考えられます。

盤龍鏡をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

古墳 / 方墳 / 前方 / 後方

関連作品

チェックした関連作品の検索