禅院額字 潮音堂 ぜんいんがくじ ちょうおんどう

その他の画像全5枚中5枚表示

 / 鎌倉 / 中国 

無準禅師
ぶじゅんぜんし
山形県鶴岡市
鎌倉/1235
紙本墨書 表装明縫花鳥文
37.6×112.8cm
1幅
山形県鶴岡市
指定:1952(昭和27).3.29
致道博物館
重要文化財

中国宋時代の無準禅師の書、東福寺の開山となった聖一国師が、嘉禎元年(1235)宋に留学したとき無準に6年間法を学び仁治2年(1241)帰国、まず博多に承天寺を創立、師の無準はお祝いとして寺額を書いて贈ってきた。その中に潮音堂の三字があり、後に京都東福寺普門院におさめられたので「潮」と「音」の間に普門院の印が押されている。その後小堀遠州が所持しある時の茶会に招かれた三代忠勝が懇望の末に一字千金、三千両で譲り受けたと伝えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

禅院額字 潮音堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

禅院牌字断簡「湯」
禅院牌字断簡「湯」

無準師範筆

祥光山星巌寺
酒井氏庭園
東福寺常楽庵 客殿(普門院)
徳敷墨蹟〈尺牘/円爾宛〉
ページトップへ