太平記拾遺、大友侍従義統 たいへいきしゅうい、おおともじじゅうよしむね

文書・書籍 / 明治 / 大分県 

歌川芳幾 (1833-1904)
うたがわよしいく
明治時代/19世紀
縦24.5×横18.0㎝
1枚

江戸時代末から明治時代前期に活躍した浮世絵師歌川芳幾(1833-1904)が豊後国主大友氏22代義統を描いた錦絵。改印がなく、また図中に「四八」の番号が刷られていることから、「太平記拾遺」シリーズの一絵として明治期に描かれたものとみられる。大分の人物が題材にされた数少ない錦絵の一つ。

作品所在地の地図

関連リンク

太平記拾遺、大友侍従義統チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大日本六十余将之内、豊後大友刑部大輔氏時
大友義統書状
大友宗麟一字書出(狹間田淡路守宛)
長寿丸(大友義統)書状
東海道中栗毛弥次馬
東海道中栗毛弥次馬

文:仮名垣魯文 絵:歌川芳幾

ページトップへ