文化遺産オンライン

如来倚像

にょらいいぞう

作品概要

如来倚像

にょらいいぞう

彫刻 / / 中国

制作地:中国山西省天龍山石窟第21窟か

唐時代・8世紀

砂岩

1躯

重要文化財

天龍山石窟は6世紀中ごろから9世紀まで造営されました。この像は唐時代の文化が成熟した8世紀の作で、細身ながら胸や脚の自然な肉づき、からだに密着した衣の写実的な表現がみどころです。両足先は後に補われたもの。表面にわずかに彩色の痕{あと}が残っています。(東洋館130102_t01)

如来倚像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

石窟 / / 山西 / Shanxi

関連作品

チェックした関連作品の検索