文化遺産オンライン

菩薩頭部

ぼさつとうぶ

作品概要

菩薩頭部

ぼさつとうぶ

彫刻 / 南北朝(六朝) / 中国

制作地:中国山西省天龍山石窟第2窟

東魏時代・6世紀

石造(砂岩)、彩色

全高24.0 面長10

1個

天龍山石窟は、山西省太原市、かつての晋陽の西南郊に位置する。東魏から盛唐にかけて24の窟が開鑿され、200躯を超す仏菩薩像が制作された。この作品は、第2窟の西壁右脇侍菩薩立像の頭部と伝えられる。(旧)

菩薩頭部をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

石窟 / Grottoes / 頭部 / 山西

関連作品

チェックした関連作品の検索