文化遺産オンライン

菩薩頭部

ぼさつとうぶ

作品概要

菩薩頭部

ぼさつとうぶ

彫刻 / 南北朝(六朝) / 中国

制作地:中国河南省龍門石窟賓陽中洞

北魏時代・6世紀

石灰岩

1個

龍門石窟の賓陽洞{ひんようどう}は、北魏{ほくぎ}の宣武帝{せんぶてい}の命によって6世紀初めに造営が始まりました。3つの洞のうち中洞のみが北魏に竣工し、南北2洞は唐代に完成しました。この頭部 は中洞側壁の脇侍像のもので、アーモンド形の目、口元に微笑を浮かべた表情は、北魏時代の典型といえます。(東洋館130102_t01)

菩薩頭部をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 石窟 / Northern / 頭部

関連作品

チェックした関連作品の検索