文化遺産オンライン

光背部分

こうはいぶぶん

作品概要

光背部分

こうはいぶぶん

彫刻 / / 中国

制作地:中国・クムトラ石窟

唐時代・8世紀

土壁彩色

1面

 現状では、濃茶線の右側に大小の仏坐像3体を残すだけですが、もとは壁沿いに設置されていた仏塑像の光背の一部であったと思われます。ダンダン・ウイリクやラワクでは、他の地域と異なり、下地層と彩色層との間に粗い布を入れて、壁画を製作しました。

光背部分をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

石窟 / 壁画 / / wall

関連作品

チェックした関連作品の検索