文化遺産オンライン

壁画仏説法図部分

へきがぶつせっぽうずぶぶん

作品概要

壁画仏説法図部分

へきがぶつせっぽうずぶぶん

彫刻 / 中国

出土地:中国・ベゼクリク石窟

高昌ウイグル期・10~11世紀

土壁彩色

1面

 中央の装飾帯をはさんで、2つの説法図の隅に当たります。向かって左側の仏説法図では鎧をまとい合掌する王(実は菩薩)の頭髪をそり落とす僧侶を、また右側の仏説法図は髭をはやした上半身裸の人物が毛皮を持つ姿を描いています。(160712_t033)   

壁画仏説法図部分をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

石窟 / / 壁画 / wall

関連作品

チェックした関連作品の検索