文化遺産オンライン

松鷹図

まつたかず

作品概要

松鷹図

まつたかず

絵画 / 室町

雪村周継筆

室町時代・16世紀

紙本墨画

2幅

重要文化財

鷹狩りに用いられる鷹は武士にとって大切な伴侶で、室町時代には鷹の肖像画が描かれるほどでした。また誇り高く有能な様子から、しばしば武士を象徴する生き物として表現されています。雪村は常陸(茨城県)の武家出身の禅僧画家。

松鷹図をもっと見る

雪村周継筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

雪村 / 室町 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索