文化遺産オンライン

線刻水分三神鏡像

せんこくみくまりさんしんきょうぞう

作品概要

線刻水分三神鏡像

せんこくみくまりさんしんきょうぞう

金工 / 平安 / 奈良県

出土地:奈良県吉野郡天川村金峯山出土

平安時代・永承6年(1051)

銅製

1面

山形の銅板に神像を線刻した鏡像。中央に女神、向かって右に僧形、左に衣冠束帯【いかんそくたい】の男神を配しています。下部の銘文から、永承6年(1051)、奈良県吉野地方で信仰された子守明神の三神を表したものとわかります。鏡像にはこのように、仏像でなく神像を表したものもあります。

線刻水分三神鏡像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

奈良 / 吉野 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索