黒書院一の間西長押上貼付南より2

日本画 / 江戸 / 京都府 

狩野派
かのうは
京都府
江戸時代
縦77×横323
京都市中京区
収蔵場所:収蔵庫 部屋名:黒書院一の間 方角:西 内容:水・雪
元離宮二条城
重要文化財

戸襖には紅梅の巨木を中心に、後方から桜を、根元には芝垣を配する。桜は梅に寄り添うように描かれ、早春から春の盛りへと季節の移り行く様子が静かに表現されている。西面の図様は一の間から二の間へ桜の枝の伸びを通じて展開している。金地に水墨で描かれている長押上の壁貼付には、手前の建物群から奥の寺院へと向かう二人の人物が描かれる。この部分は、梅や桜の咲く「やまと絵」の華やかな長押下の画面とは全く異なる趣をもって構成されている。こうした水墨の表現は二の間の、全ての長押上の小壁に共通する。
(注)一の間西側から二の間西側、南側にわたる金地墨画山水図のひとつ。前景に楼閣、遠景に岩山を金雲に包まれたかたちで描く。

作品所在地の地図

関連リンク

黒書院一の間西長押上貼付南より2チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒書院一の間西長押上貼付南より1
黒書院一の間西付書院障子南より2
黒書院一の間西付書院障子南より4
黒書院一の間西襖北 全図
黒書院一の間西付書院障子南より3
ページトップへ