和歌色紙 わかしきし

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 江戸 

徳川家光筆
江戸時代・17世紀
紙本墨書
2幅

徳川家光は家康の孫で江戸幕府三代将軍。幕府発展の基礎を築いた。この二首の和歌は、老境にさしかかった将軍の思いを詠んだものか。晩年には病勝ちであったことで知られる家光が自分の死後の幕府の未来を思う心情がうまく表現されている。

作品所在地の地図

関連リンク

和歌色紙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

書状
書状

徳川家光筆

詠詩三首
詠詩三首

新井白石筆

徳川家康書状 将くん(秀忠)宛
婚礼調度類〈(徳川光友夫人千代姫所用)/〉
慈円筆 懐紙
ページトップへ