詠詩三首 えいしさんしゅ

 / 江戸 

新井白石筆
江戸時代・17~18世紀
紙本墨書
1幅

 新井白石は木下順庵に朱子学を学び、のちに徳川綱豊(後の家宣)の儒臣となった。家宣が将軍に就くと幕府政治の上でも重きをなし、教学と政治の一致に努めたが、吉宗の将軍就任時に退いた。近作の詩3首を揮毫(きごう)したもの。
(2006/04/11_h082)

作品所在地の地図

関連リンク

詠詩三首チェックした作品をもとに関連する作品を探す

徳川家宣国書写
五言律詩
五言律詩

祇園南海筆

和歌色紙
和歌色紙

徳川家光筆

富嶽詩書
富嶽詩書

柴野栗山筆

新井白石書状
ページトップへ