Pheasants, Detail in overglaze enamel

Details

Pheasants, Detail in overglaze enamel

ceramics / Showa onward

By Kiyomizu Rokubei V

Showa era, 20th century

Ceramic

雄:高38.1 22.5×23.4 雌:高13.0 29.4×12.3

1対

五代清水六兵衛(1875~1959)は四代清水六兵衛の次男として生まれ、京都画壇の重鎮であった幸野楳嶺(こうのばいれい)に絵を学び、四代六兵衛に陶芸の手ほどきを受けた。中国陶磁の研究から生まれた技法から、琳派風の装飾性豊かな作品まで、作風はきわめて多彩である。

Related Works

Search items related to work chosen