鈴釧 すずくしろ

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 / 古墳 / 山口県 

出土地:山口県下関市 上ノ山古墳出土
古墳時代・6世紀
1個

音を鳴らす儀礼で用いられた道具【集合題箋タイトル】
古墳時代中期中葉+ちゅうよう+以降には、馬具や服飾具+ふくしょくぐ+に鈴を付けて音が鳴るようにした器物が増加します。これは儀礼の中で音を鳴らす場面が増えたことを意味します。音を鳴らして邪+じゃ+を払い神を招くことは、現在の神社参拝でも行われています。(190604_平・考)

作品所在地の地図

関連リンク

鈴釧チェックした作品をもとに関連する作品を探す

素文鏡
六鈴鏡
石製有孔円板
三方原学園内4号墳七鈴鏡
瓦屋西B3号墳出土青銅の馬鈴
ページトップへ