文化遺産オンライン

五鈴鏡

ごれいきょう

作品概要

五鈴鏡

ごれいきょう

考古資料 / 古墳 / 群馬県

出土地:群馬県利根郡昭和村森下出土

古墳時代・5~6世紀

青銅製

直径9.6

1面

鏡の縁に5つの鈴を付けた、日本列島製の鏡です。埴輪の巫女に鈴鏡を付けたものがあり、神舞など神事の所作に音響効果を添える効果がありました。関東地方や中部地方でよく出土し、関東地方近辺で製作されたとする説があります。

五鈴鏡をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

古墳 / / 出土 /

関連作品

チェックした関連作品の検索