文化遺産オンライン

十一面観音龕

じゅういちめんかんのんがん

作品概要

十一面観音龕

じゅういちめんかんのんがん

彫刻 / / 中国

制作地:中国陝西省西安宝慶寺

唐時代・8世紀

石灰岩

全高108.5 全張29.8 全奥13.8 像高85.8

1面

重要文化財

同じく宝慶寺石仏群の1つ。水瓶をもつ左腕は長く、全体に痩身でありながら、相貌や肉身の張りはみずみずしさがある。8世紀初めを代表する作例で、奈良時代のわが国の彫刻の展開を考える上でも重要な作品。

十一面観音龕をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Tang / 宝慶寺 / Baoqingsi / Shaanxi

関連作品

チェックした関連作品の検索