文化遺産オンライン

観音菩薩立像

かんのんぼさつりゅうぞう

作品概要

観音菩薩立像

かんのんぼさつりゅうぞう

彫刻 / / 中国

制作地:中国河北省

隋時代・開皇5年(585)

大理石

1躯

重要文化財

台座に刻まれた銘文に、開皇5年(585)に崇光寺(廃絶)というところで、三尊像の1躯として造られたと記されています。この像の中尊に当たる像がイギリス・大英博物館にあり、その銘文から三尊像が韓という姓の一族を中心に100人を超える人々の結縁{けちえん}によって造られたことがわかります。(東洋館130102_t01)

観音菩薩立像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 菩薩 / 観音 / 立像

関連作品

チェックした関連作品の検索