普賢延命像 ふげんえんめいぞう

絵画 / 安土・桃山 

武田逍遥軒筆
安土桃山時代・16世紀
絹本着色
84.2x37.9
1幅

普賢延命像は、御産祈願や長寿延命を祈る普賢延命法の本尊とされています。台座の框部にある金泥の「逍遥軒筆」の款から、逍遥軒と号し他にも数点の作品が伝わる武田信玄の弟・信廉(?-1582)の作と推測されます。クセの強い像容は伝統的な仏画とは違う感覚を感じさせます。

作品所在地の地図

関連リンク

普賢延命像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

普賢延命像
絹本著色普賢延命像
武田信玄像(模本)
武田信玄像(模本)

蜷川式胤模、原本:武田逍遥軒筆

絹本著色准胝観音像
虚空蔵菩薩像
ページトップへ