文化遺産オンライン

三十六歌仙・在原業平朝臣

さんじゅうろっかせん ありわらのなりひらあそん

作品概要

三十六歌仙・在原業平朝臣

さんじゅうろっかせん ありわらのなりひらあそん

絵画 / 江戸

鈴木春信筆

江戸時代・18世紀

中判 錦絵

1枚

在原業平の「世の中に たえてさくらの なかりせば 春の心は のどけからまし」の和歌が雲形に記される。業平の心を騒がせた桜花が晴れやかに咲き誇る下、禿を連れた遊女が描かれる。お付きの禿が達磨人形を抱いており、恋の願掛けに詣でる途中かもしれない。

三十六歌仙・在原業平朝臣をもっと見る

鈴木春信筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

春信 / 錦絵 / 鈴木 /

関連作品

チェックした関連作品の検索